福岡ミュージアムウィーク2019

  1. 福岡ミュージアム情報(美術館・博物館等) トップ
  2. 福岡ミュージアムウィーク2019
  3. 各館のイベント

ミュージアムには 学び! 発見! 出会い!があふれています

「福岡ミュージアムウィーク2019」期間中は、通常の展示に加え、講演会、ワークショップなどの特別なイベントが開催されます。また、バックヤードツアーや、ギャラリートークなども多数開催!ふるってご参加ください。
※イベントの詳細については各施設にお問い合わせください。
※主催施設と開催場所が異なる場合がありますので、ご注意ください。

福岡市博物館 福岡市美術館 福岡アジア美術館 福岡県立美術館 福岡市埋蔵文化財センター 「博多町家」ふるさと館 はかた伝統工芸館 王貞治ベースボールミュージアム 九州大学総合研究博物館 九州産業大学美術館 西南学院大学博物館 三菱地所アルティアム 能古博物館 福岡市動植物園 福岡市文学館 ハクハク 味楽窯美術館 福岡女子大学美術館 福岡市科学館
  • 常設・企画展示観覧料無料 ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    常設展示室では、国宝金印「漢委奴国王」、博多祇園山笠など福岡の歴史とくらしを紹介。企画展示室では名鎗「日本号」をはじめ、福岡藩主黒田家に伝来した黒田資料などを鑑賞できます。

  • 当リーフレット持参により 特別展 「FBS開局50周年ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~」を 割引(前売料金を適用) ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    常設展示室では、国宝金印「漢委奴国王」、博多祇園山笠など福岡の歴史とくらしを紹介。企画展示室では名鎗「日本号」をはじめ、福岡藩主黒田家に伝来した黒田資料などを鑑賞できます。

  • 常設展クイズ ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    常設展示室でクイズに挑戦。
    全問正解者にはポストカードなど記念品を進呈します。

    会場:
    2階 常設展示室
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • バックヤードツアー 5月18日(土) 11:00~12:00

    普段は見ることができない福岡市博物館の裏側をご案内します。

    定員:
    30名
    申込み:
    当日先着順(10:30~整理券配布)
    参加費:
    無料
    集合場所:
    博物館1階 講座室1に集合
  • 常設展解説 5月21日(火)、22日(水)、23日(木)、24日(金) 14:00~

    福岡の歴史と人々のくらしを紹介する常設展示室。館内最大2,121㎡の広さです。みどころを4人の学芸員が日替わりで紹介します。

    定員:
    各日20名(当日先着順)
    参加費:
    無料
    集合場所:
    2階 常設展示室入り口に集合
  • ワークショップ 「金印をつかってみよう!」 5月19日(日) 13:00~15:00(随時)

    実物大の金印レプリカ(複製品)で、当時のように使う体験をします。

    会場:
    1階 グランドホール
    定員:
    100名
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • 福岡市博物館 特別展 「侍~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」 プレイベント講演会 「侍展のたのしみかた」 5月26日(日)14:00~15:30

    侍展鑑賞ガイド&福岡おもてなし武将隊演舞。侍展のみどころを先行紹介します。

    講師:
    堀本一繁(福岡市博物館学芸員)
    会場:
    1階 講堂
    定員:
    240名
    申込み:
    事前申込不要・先着順
    当日13:00より講堂前にて整理券配布
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • リニューアルオープン記念展を団体料金に割引 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    画像:(株)エスエス上田新一郎

    リニューアルオープン記念展「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: FlowerPower」を開催中。福岡市美術館が誇る珠玉のコレクションと、今最もホットな現代美術作品を合わせてご覧になれます。

  • 野村誠コンサート 「ノムラノピアノ×福岡市美術館」 5月18日(土) 14:00~15:30

    作曲家・音楽家の野村誠さんは2009年に当館でワークショップを開催し、所蔵品にちなんだ21のピアノ曲を作曲しました。これらの曲を中心としたピアノソロコンサートです。

    会場:
    ミュージアムホール
    定員:
    180名
    申込み:
    30分前より受付開始。先着順。
    参加費:
    無料
  • つきなみ講座 「誰もが楽しめる美術館を目指して」 5月25日(土) 15:00~16:00

    古賀弥生氏(九州産業大学教授)と当館学芸員が、対談形式で「誰もが楽しめる美術館」について語ります。

    会場:
    レクチャールーム
    定員:
    54名
    申込み:
    30分前より受付開始。先着順。
    参加費:
    無料
  • ギャラリートーク 古美術 5月19日(日) 15:00~ 近現代 5月26日(日) 15:00~ いずれも1時間程度

    学芸員による展示解説

    会場:
    古美術(1階コレクション展示室)、近現代美術(2階コレクション展示室)
    申込み:
    開始5分前に、各展示室入口にお集まりください。
    参加費:
    無料(ただし、展覧会チケットが必要)
  • ギャラリーツアー 5月18日(土)~22日(水) 11:00~、14:00~   23日(木)・24日(金) 11:00~   25日(土)・26日(日) 11:00~、14:00~ いずれも30分~40分程度

    ボランティアがコレクション展示の中から3点を紹介。

    会場:
    コレクション展示室
    申込み:
    開始5分前に、1階ロビーにお集まりください。
    参加費:
    無料(ただし、展覧会チケットが必要)
  • 英語ツアー 5月23日(木)・24日(金) 14:00~ いずれも30分~40分程度

    ボランティアが英語でコレクション展示の中から3点を紹介。

    会場:
    コレクション展示室
    申込み:
    開始5分前に、1階ロビーにお集まりください。
    参加費:
    無料(ただし、展覧会チケットが必要)
  • 子ども探検隊 5月19日(日) 10:00~ 1時間程度

    子ども対象のバックヤードおよびギャラリーツアー

    定員:
    20人(小学生~中学生の子ども)
    申込み:
    事前申し込み メールにて応募。サブジェクトに「子ども探検隊」と記入し、参加者全員(最大3名まで)の名前、年齢、代表者の電話番号をお書きの上、workshop@fukuoka-art-museum.jpまで。
    締め切りは5月7日(必着)
    参加費:
    無料
    お申込み締切:
    5月7日(必着)
    集合場所:
    1階ロビー集合
  • 建築ツアー 5月26日(日) 10:30~ 1時間30分程度

    リニューアルした福岡市美術館の建築を鑑賞するツアー

    定員:
    20人
    申込み:
    事前申し込み メールにて応募。サブジェクトに「建築ツアー」と記入し、参加者全員(最大2名まで)の名前、年齢、代表者の電話番号をお書きの上、workshop@fukuoka-art-museum.jpまで。
    締め切りは5月7日(必着)
    参加費:
    無料(ただし、展覧会チケットが必要)
    お申込み締切:
    5月7日(必着)
    集合場所:
    1階レクチャールーム集合
ページトップへ
  • コレクション展観覧料無料 ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    アジア近現代美術を系統的に収集、展示する世界で唯一の美術館。常設展示室では、23ヶ国・地域から集めた所蔵品約3,000点の中から、アジアの美術の流れや、テーマに沿った作品を鑑賞できます。

  • 開館20周年記念! 蔵前仁一トークショー 5月18日(土) 14:00~16:00

    旅行雑誌『旅行人』元編集長である蔵前仁一さんに、アジアの旅やインド先住民族が描く壁画についてお話いただきます。

    講師:
    蔵前仁一(旅行作家,グラフィックデザイナー)
    会場:
    アートカフェ(7階)→あじびホール(8階)に変更となりました。
    定員:
    120名
    申込み:
    事前申込の受付は終了しました。当日会場入口での申込で若干名入場可能です(受付:13時半~)
    参加費:
    無料
  • 滞在作家によるトーク 5月25日(土) 14:00~16:00

    滞在中のアーティストが自作や福岡での活動について語ります。

    会場:
    アートカフェ(7階)
    定員:
    80名
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • バックヤードツアー 5月19日(日)、26日(日) 13:00~14:00

    学芸員が、普段見ることができない美術館の裏側を案内します。

    定員:
    各回20名
    申込み:
    当日先着順(受付開始12:00~)
    参加費:
    無料
    集合場所:
    総合受付前(7階)
  • ギャラリーツアー 5月20日(月)、21日(火)、23日(木)、24日(金) 14:00~14:40

    ボランティアが、作品の解説・案内を行います。

    定員:
    各回20名
    申込み:
    当日先着順
    参加費:
    無料
    集合場所:
    アジアギャラリー前(7階)
  • アジアの絵本と紙芝居の読み聞かせ 5月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日) ①11:30~12:00 ②13:00~13:30

    3~7歳程度の子どもを対象に、ボランティアが、アジアの絵本と紙芝居の読み聞かせをします。

    会場:
    7階 キッズコーナー
    定員:
    子どもと保護者各回10組程度
    申込み:
    当日先着順
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • コレクション展観覧料無料 ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    コレクション展Ⅰ「おりおりのおり―四季と着物の折と織」の観覧料を無料にします。
    時、所、場合といった「折」に応じて使い分ける着物。裏返せば、着物は「折」を示すと言えます。着物そのものから、着物の生地を織りなす染織、そして着物を描いた絵画―福岡県立美術館のコレクションから、折々を彩る着物に関する作品をご紹介いたします。

    写真:浦志武火子「焚き火」制作年未詳

  • ギャラリートーク 5月18日(土) 14:00~、25日(土) 14:00~

    学芸員が作品の解説・ご案内をします。

    会場:
    4階 展示室
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • コレクション展クイズ ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    コレクション展会場で掲示するクイズに回答してください。全問正解の方にくじ引きによるプレゼントを進呈します。

    会場:
    4階 展示室
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    福岡市内で出土した埋蔵文化財の保存と活用を図るために設立されたセンターです。展示室、収蔵庫、遺物保存処理室などの設備を持ち、年度ごとにテーマを定めた考古学講座を定期的に開催しています。

  • 2019年度考古学講座第1回 「日本人と暦」 5月18日(土) 13:30~15:30

    日本人と暦の歴史について解説します。

    写真:暦が金象嵌された 「庚寅銘大刀」

    講師:
    細井浩志(活水女子大学教授)
    会場:
    福岡市埋蔵文化財センター
    定員:
    200名
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 当リーフレット持参により入館料を割引 (団体料金を適用) ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    当リーフレット持参により団体料金を適用し、入館料を一般200円→150円に割引します。(中学生以下は常時無料)

    古き良き時代の「博多」の暮らしを紹介する施設で、みやげ処・町家棟・展示棟の3棟で構成されています。博多の歴史や文化などに関する展示や、伝統工芸品の実演を見ることができるほか、企画展「第22回博多町家思い出図画展」も開催しています。

ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    博多織、博多人形などの伝統工芸品を数多く展示。1階は企画展示室と喫茶コーナー、2階は常設展示室となっており、タッチパネルなどで工芸品の製作過程を追うことができます。博多鋏(はさみ)、博多独楽(こま)、博多曲物(まげもの)も展示しています。

  • 「梶原博多人形工房 『第4回 ちいさないやし展』」 5月23日(木)~28日(火) 10:00~18:00(入館は17:30まで)※最終日は17:00まで

    内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞している博多人形師・梶原正二氏の人気シリーズお地蔵様やお釈迦様など心癒される作品約100点を展示・販売。普段工房でしか手に入らない作品が一堂に集まります。

    会場:
    はかた伝統工芸館1階 企画展示室
    参加費:
    無料
  • はかたくじで工芸グッズプレゼント ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    来館者には、はかた伝統工芸館のさまざまなグッズが当たるくじを実施します。

    会場:
    施設受付
    定員:
    全来館者(グッズがなくなり次第終了) 
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • リニューアル休館中 2018年11月1日 [木] -

    2018年11月2日(金)よりリニューアルのため休館中です。2020年春リニューアルオープン予定。

ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    大学の研究や教育の過程で収集された、膨大な学術資料や教育資産を管理する総合研究博物館です。自然科学系資料から考古遺物や記録史料まで多岐にわたる資料が約145万点所蔵されており、箱崎キャンパス保存地区正門前にある旧工学部本館3階にある常設展示室でその一部を公開しています。期間中は企画展「森本桂とゾウムシ学̶九州大学が誇る東洋一のコレクション」も開催しています。

  • 来館者プレゼント ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    来館された方に、記念品を進呈します。

    定員:
    なくなり次第終了
  • 動物骨格標本と 貴重地質・鉱物標本室の一般公開 5月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日) 10:00~16:00

    動物骨格標本室、高壮吉鉱物標本室の公開

    会場:
    総合研究博物館(旧工学部本館)
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • 開学記念行事 5月18日(土) 10:00~16:00

    総合研究博物館関連の施設を一般公開します。
    4階会議室や3階列品室など、九州大学が創設以来収集し研究・教育に用いた多岐にわたる資料をみることができます。

    会場:
    総合研究博物館(旧工学部本館)
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • 『地質の日』記念企画: 化石化のメカニズムを探る 5月18日(土) ①10:00~ ②11:30~ ③13:30~ ④15:00~ (各回約30分)

    「地質の日」に因み、アンモナイトをはじめ、未公開の研究中の化石を実物展示。前田晴良教授が化石化のメカニズムを探る解説をします。

    会場:
    総合研究博物館(旧工学部本館)
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 入館料無料、来館者プレゼント ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    期間中(18~19日)、入館料を無料にします。
    九州産業大学の芸術学部を中心に収集した美術、写真、デザインなどの作品を所蔵し、年3回ほどの企画展、教職員作品展、卒業・修了制作展などを開催しています。また、地域の小学生などを対象としたワークショップも実施しています。期間中は、九州産業大学創立60周年記念事業 「美の鼓動・九州」クリエイター・アーカイブvol.3を開催しています。

    写真:冨永ボンド《CELLS》2017年

  • 虹の上を散歩する。 5月19日(日) 10:00~12:00

    現代美術家のレインボー岡山さんと一緒に、渡り廊下がある空間にスズランテープと風船を使って虹(虹の空間)を作ります。最後にできあがった作品をくぐりながら、また作品を上から眺めながら、まるで虹の上の散歩を楽しむように作品を鑑賞します。

    会場:
    九州産業大学美術館3Fオープンスペース
    定員:
    20名(推奨年齢中学生以上、応募多数の場合は抽選)
    申込み:
    下記の必要事項をお書きの上、4月23日(火)までに、FAX、メールのいずれかの方法でお申し込みください。               
    ①参加者氏名(ふりがな)・性別・生年月日、②連絡先(電話番号、メールアドレス)
    FAX:092(673)5757  E-mail:ksumuseum@ip.kyusan-u.ac.jp
    参加費:
    無料
    お申込み締切:
    4月23日(火)
  • クロージングパーティー 5月19日(日) 13:00~15:00

    ワークショップで作った虹の空間にて、出品作家を交えてのクロージングパーティーを行います。どなたでも参加できます。

    会場:
    九州産業大学美術館3Fオープンスペース
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 入館料無料(常時)、来館者プレゼント 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    当リーフレット持参により、図録(500円以下)もしくはオリジナルグッズを進呈します。
    キリスト教の文化をテーマに、常設展示室ではユダヤ教関連資料をはじめ、写本やイコン、日本キリスト教史の貴重な資料であるマリア観音像や魔鏡などを展示しています。W.M.ヴォールズによる赤レンガ造りの建物は「福岡県指定有形文化財」でもあります。期間中は企画展「ねこ学への招待」などを開催しています。

  • ワークショップ 「教えて! あなたのネコ研究」 ミュージアムウィーク期間中(休館日を除く)

    山根明弘先生がノラネコ研究で活用している「個体識別カード」を、参加者が作成して展示します。参加者にはオリジナルポストカードをプレゼント。

    会場:
    1階エントランス、廊下
    定員:
    なし
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • トークイベント「ねこ学への招待」 5月25日(土) 13:00~15:00

    長年にわたり島猫の生態研究をおこなってきたネコ博士・山根明弘先生によるトークイベントです。展示の見どころや「ねこ学」の魅力に迫ります。
    また、山根先生トークイベント前には西南学院大学応援指導部吹奏楽団による猫音楽コンサートも開催します。

    会場:
    2階講堂
    定員:
    150名
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 連携施設チケット持参により、入場料を割引 「日常のとなり anno lab」期間中(休館日を除く)

    本展チラシ

    福岡市科学館基本展示室、福岡市動物園の入場チケット提示で、入場料を一般400円→300円、学生300円→200円に割引します。
    (※入場チケット1枚につき2名まで。高校生以下無料)
    1989年から三菱地所の文化支援事業の一環として、現代のさまざまな芸術表現を、既成の評価、ジャンルにとらわれることなく紹介・発信。隣接するアートショップは充実した書籍やグッズの品揃えで人気です。期間中は「日常のとなり anno lab」を開催しています。

  • ギャラリーツアー 5月18日(土) 14:00~

    anno labメンバーが本展を解説します。

    会場:
    展示室内
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料(※要展覧会チケット)
ページトップへ
  • 当リーフレット持参により、 入館料を割引・来館者プレゼント ミュージアムウィーク期間中

    当リーフレット持参により、入館料を 一般400円→200円 に割引します。 (高校生以下常時無料)また、オリジナルポストカードを進呈します。

    博多湾の歴史とドラマを感じる博物館。元寇、亀井南冥と金印、筑前五ヶ浦廻船の盛衰、海外引揚者139万人の帰国、漫画サザエさんの誕生、牛島龍介青年の太平洋単独往復航海などに関する資料を展示しています。

ページトップへ
  • 当リーフレット持参により、入園料を割引 ミュージアムウィーク期間中(休園日を除く)

    当リーフレット持参により、入園料を一般600円→480円、高校生300円→240円に割引します。
    (中学生以下、障がい者の方、福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市居住の65歳以上の方、「動物サポーター」「植物園友の会会員」は常時無料)
    福岡市中心部からほど近い都心のオアシス。動物園ではキリン、トラやライオンなどの人気動物から、マレーグマやオリックスなどの珍しい動物まで、約110種470点の動物を展示。植物園では、約2,600種189,000本の植物を展示しています。

    写真:レッサーパンダ

  • 花と緑のまちかど 写真コンテスト入賞作品展 5月21日(火)~6月9日(日)

    まちかどの花と緑をテーマとした写真コンテストに入賞した写真を展示します。

    会場:
    植物園・緑の情報館1階
  • ZOOスポットガイド 5月19日(日)

    飼育員だからこそ知っている、動物の「くせ」や「習慣」など、とっておきのお話を披露します。
    ※天候不良や動物の体調により中止することがあります。あらかじめご了承ください。
    ※時間や場所などは、決まり次第動物園ホームページにてお知らせします。

    会場:
    動物園内
    参加費:
    無料(※入園料別)
ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    百道浜にある「福岡市総合図書館」が実施する文学館事業。福岡ゆかりの文学に関する資料を収集し、文学講座や毎年秋に企画展示などを開催しています。また、1F閲覧室に文学を紹介する文学スペースを設け、文学関係図書の閲覧・貸出を行っています。
    1階ギャラリー修繕工事のため、期間中の展示は行っておりません。

  • 片山恭一講演会 「小説を書くこと、読むこと」 5月26日(日) 14:00~16:00

    ベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』の著者である作家・片山恭一氏に、創作の現場で考えるシンギュラリティや小説のいまについてうかがいます。

    会場:
    総合図書館3階第1会議室
    定員:
    100名
    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
ページトップへ
  • 当リーフレット持参で入館料無料 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    期間中、当リーフレット持参で入館料を無料にします。
    明太子の創業メーカーふくやが運営する、福岡・博多の観光の楽しみを一同に集めた施設です。『見る』『学ぶ』『触れる』『食べる』『買う』を通じて福岡・博多の食や文化を体験できます。知っていたつもりの福岡・博多の魅力、きっと再発見できるはずです。

ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    「高取焼味楽窯」は、黒田藩御用窯として西皿山に開窯しました。高取焼の歴史などをギャラリーでご紹介しています。皆様の街の窯元として、散歩のついでに気楽にお立ち寄りください。

  • 野点 2019年5月25日 [土] -

    高取焼のお茶碗で皆さまに抹茶を振る舞います。

    定員:
    60名
    申込み:
    当日先着順
    参加費:
    500円
ページトップへ
  • 入館料無料(常時) 2019年5月18日 [土] - 2019年5月26日 [日]

    地域にゆかりのあるアーティストから寄贈を受けた約260点以上の作品を中心に、地域住民が文化芸術に触れ、感動する体験と豊かなこころを感じる場として、平成26年度に開館しました。期間中は、第3回春の企画展「片山博詞 彫刻展」を開催しています。

  • 講演会・ワークショップ 「触れて作品と対話する」 5月18日(土) 14:00~16:00

    国立民族学博物館で「触文化」を提唱している広瀬浩二郎氏と、見える見えないという互いの個性を活かしアートをシェアする「ギャラリーコンパ」による片山博詞の彫刻を通した「触れて作品と対話する」ワークショップを行う。作家の作品への想いやエピソードも解説する。

    会場:
    福岡女子大学 図書館、多目的演習スペース
    定員:
    30名(中学生以上)
    申込み:
    事前申込(先着順)。メールにて氏名、年齢、電話番号、メールアドレスを明記し、下記まで。
    Eメール rcle@fwu.ac.jp 
    参加費:
    無料
    お申込み締切:
    5月10日必着
  • ワークショップ 「光の中で彫刻を感じる」 5月25日(土) 14:00~16:00

    照明デザイナーの松下美紀氏によるワークショップ。光の強さや色、方向など照明を少し変えることで、それまで見ていた彫刻作品の表情や印象が大きく変化することを感じる。

    会場:
    福岡女子大学
    定員:
    20名
    申込み:
    事前申込(先着順)。メールにて氏名、年齢、電話番号、メールアドレスを明記し、下記まで。
    Eメール rcle@fwu.ac.jp 
    参加費:
    無料
    お申込み締切:
    5月17日必着
ページトップへ
  • 「館内クイズラリー」 ミュージアムウィーク期間中

    正解者(毎日先着100 名)にオリジナルグッズプレゼント

    申込み:
    不要
    参加費:
    無料
  • 科学館職員による「科学館豆知識ツアー」 5月20日(月)、23日(木)

    普段は自由に入ることができない「サイエンスホール」の裏側や、プラネタリウム投影ブースの説明など、科学館の「豆知識」が増えるツアーを開催します。(申込制)
    ※詳細は4 月以降にHP でお知らせします

    定員:
    各回10 名
    申込み:
    HP 上で4 月以降に受付を開始します。
  • 「科学実験プログラム」 「ものづくりプログラム」が開催されます。 土曜日、日曜日

    土曜日、日曜日には「科学実験プログラム」「ものづくりプログラム」が開催されます。参加は当日整理券をお配りします。※プログラムの内容につきましては4月以降にHP内で告知します

ページトップへ
  • 博多座ガイドツアー 5月13日(月) 13:30~

    客席、ロビーなど博多座の施設案内をしながら、演劇の魅力、博多座の成り立ちについて説明します。

    会場:
    博多座
    定員:
    25人
    申込み:
    申込=事前申込(抽選制)。はがきにて郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入して下記まで(4月19日(金)必着)。当選者へは4月末に通知を発送予定(※抽選結果の問い合わせはお受け出来ません)。

    申込・問合先=〒812-8615 福岡市博多区下川端町2-1 (株)博多座 「博多座ガイドツアー係」 TEL092-263-5874(総務部)
    参加費:
    無料
    お申込み締切:
    4月19日(金)必着
  • 国史跡金隈遺跡やよいミニトーク 5月18日(土) 10:30~15:00 ご希望の方に随時解説します。1回約40分程度です。

    金隈遺跡甕棺展示館内で、専門の職員が展示解説を行います。

    会場:
    金隈遺跡甕棺展示館 福岡市博多区金の隈1-39-52
    申込み:
    申込=不要

    申込・問合先=福岡市経済観光文化局史跡整備活用課 TEL 092-711-4783 FAX 092-733-5537 Eメール shiseki.EPB@city.fukuoka.lg.jp
  • 国史跡野方遺跡やよいミニトーク 5月25日(土) 10:30~15:00 ご希望の方に随時解説します。1回約40分程度です。

    野方遺跡住居跡展示館内で、専門の職員が展示解説を行います。

    会場:
    野方遺跡住居跡展示館 福岡市西区野方5-11-25
    申込み:
    申込=不要

    申込・問合先=福岡市経済観光文化局史跡整備活用課 TEL 092-711-4783 FAX 092-733-5537 Eメール shiseki.EPB@city.fukuoka.lg.jp
ページトップへ
福岡ミュージアム情報(美術館・博物館等)

CopyRight ©  2019    Fukuoka City All rights reserved.

※掲載されている文章・画像の無断転載・複製・使用を禁じます。